腎不全対策としてカナガンキャットフードを選ぶ前に必ず知るべき事!

スポンサーリンク

キャットフードの中でも有名で人気のある「カナガンキャットフード」

ところで、yahoo検索で「カナガン キャットフード」で検索すると「腎不全」と出てきます。

カナガンの事を知っていて、なおかつ腎不全サポート食をお探しの方であれば、ビビビっとくるキーワードですね!

でも、本当にカナガンは腎不全サポート食として使っていいのでしょうか?話の内容次第では僕も使ってみたいので、調べてみる事にしました!

スポンサーリンク

カナガンキャットフードは腎不全サポートとして有効?

結論から言えばダメです。

腎臓病も1から4のステージがあります。それによって取るべき対処法が変わるので、獣医師に相談して適切なエサを選びましょう。

また、ペットフードには「腎臓サポート用」のエサというのがちゃんと存在しています。そして、カナガンは種類としてはドライフード1種類、ウェットフード1種類と、選択肢がありませんが、いずれも成分値的にペットフードとして腎不全の子に与えるのにはふさわしくありません。

腎不全サポート食のポイントとして

  • タンパク質が多すぎない事
  • リンの含有量が少ないこと
  • オメガ3脂肪酸が配合されていること

そんな事情があるわけです。

例えば、カナガンドライフードと他の腎臓サポート食の成分を比べてみると

  タンパク質(%) リン(%)
カナガン 37.00 1.40
ヒルズk/d腎臓ケア(乾物量) 29.4 0.49
Dr’sケア・キドニーケア 24.2以上 0.36以上
スペシフィック 腎臓用 19.8  

この様に、比べるとタンパク質やリンの量が全然違いますね。

タンパク質が多いと腎臓に負荷がかかってしまうため、高タンパクな食事を猫ちゃんに与える事は非常に負担をかける事になります。

なので、もしもお水の多飲や多尿を繰り返すなど、腎臓病っぽい兆候があるのであれば、まず、お医者さんにすぐ見てもらうのはもちろんの事、腎臓に負担の少ないご飯を与えることが良いかも知れません。

カナガンキャットフードはどんな商品?

カナガンは非常に栄養価が高く、なおかつ猫の性質上、消化しずらい炭水化物(穀物)を一切使っていない「グレイン(穀類)フリーフード」です。原材料は以下の通り。

※カナガン公式HPより引用

主な原材料はチキンで、半分以上使っています。また、僕だけかも知れませんが「イモって穀類じゃないの?」と思ったんですが、イモはイモ類でした・・・

成分値を見ると

粗タンパク質 : 37.00%
脂質 : 20.00%
粗繊維 : 1.50%
粗灰分 : 8.50%
水分 : 7.00%
オメガ6脂肪酸 : 2.99%
オメガ3脂肪酸 : 0.82%
リン : 1.40%
マグネシウム : 0.09%
ナトリウム : 0.80%
カルシウム : 1.58%
カリウム : 0.70%

エネルギー(100gあたり) 約390kcal

※カナガン公式HPより引用

この様な感じです。

タンパク質の数値が非常に高く、それに伴ってリンの数値も高いです。保存料としてビタミンを使っています。また、嗜好性についても優れているようです。

ご覧の通り、栄養満点でタンパク質が豊富なため腎臓サポート食としてはおすすめできない一品です。今食べているエサから切り替えたい場合はひとまず獣医師と相談しましょう。

また、カナガンは年齢関係なく全ステージの猫に対応可能ですが、どちらかというと健康な若い猫ちゃんが一番対象になりそうかなという印象です。老猫さんにはもしかしたらヘビーな食事かも知れませんw

カナガンで腎不全になった例はある?

結果から言うと無いです。

というか、カナガンが原因で腎不全になった!という事が立証されていれば「リコール」されるはずです。そんなのめちゃめちゃ危ないですからね!!!

リコールに関しては、消費者庁のHPから検索する事が出来ます。

→消費者庁リコール情報サイト

↑で「カナガン」と検索しましたが出ませんでした。ちなみに製品名は言いませんが、名のしれたキャットフードでもリコールされた過去を持つ製品はあります・・・!

とりあえず、カナガンが原因で腎不全になったという事例はありません。

スポンサーリンク

じゃあ腎不全サポート食としては何がいいの?

腎不全には「慢性腎不全」と「急性腎不全」があります。

慢性腎不全にはステージ1〜4まであります。ステージごとによって取るべき対処も変わります。

結果的に言うと、一言で「コレ!!」という風には言えない(というか言っちゃダメ!w)ので、獣医師と相談の上、ベストな選択を取りましょう。

まとめ

もしも

最近うちの子が多飲多尿な気がする・・もしかしたら腎臓弱い?

とお悩みなのであれば、ひとまず早急に獣医師に行かれる事を全力でオススメはしたいのですが、行く暇がなく、ひとまずエサだけでも変えようという事であれば、カナガンの様な高タンパクなものでなく、ロイヤルカナンの腎臓サポート食など、腎臓ケア用製品を探しましょう。

なお、うちの猫も1歳で急性腎不全になってしまいました。明らかに体調が悪そうなので急いで医者に連れていき、発覚しました。

本当にあと1日遅かったら死んでました。今は元気いっぱいです^^

なので、危険そうであれば早急に獣医師に相談に行きましょう。