うちの猫が一日に何回もゲロを吐く。獣医に診てもらった結果。

スポンサーリンク

我が家の最愛の息子「みまる」が一日中吐いてメチャクチャ心配になって医者に診てもらった話をする。

本当に心配で、嫁に至っては泣く始末。ていうか俺も普通に泣きそうだったw

まぁ、とりあえずサクッと説明しますわ。

※みまるの事を、以降「みーちゃん」と呼ぶ。

スポンサーリンク

当時の状況をまずは説明

とある日、珍しくみーちゃんが吐いたんだわ。

あ、この話は2019年5月13日頃の話で、みーちゃんは4歳のオス(茶白猫)。「あらー、珍しいな吐くなんて。東京もそろそろ暑くなってきたから、バテたんか?」くらいに思っていた。

ところが翌日、仕事から帰ってきて嫁に話を聞いたら「一日中吐いていた」との事。しかし、動物病院は休みだったから連れていけなかったと。

色々思う事あったが、翌日速攻で病院に連れていく事を決めた。ゲロは、餌を吐くのは普通で、水を飲んでは吐いてを繰り返していた。

恐ろしかったのは、途中からゲロが薄ピンク色になった事。コレ絶対血が混じってるからこの色なんだろうと思った。この子は2歳になる前に急性腎不全になった事もあったり、けっこう繊細な体質なんで、この時は本気で怖かった。

夜間やってるところもあるにはあるんだが、非常に遠い。ただでさえ体調が悪い猫を猫バッグにみーちゃんを詰めてチャリでそこに行くという選択肢は考えられなかった。

バッグに詰めてチャリでどっか連れて行くって、猫にとってはめっちゃストレスだしね。そんな感じで、本当に不安な夜だった。

診察〜回復

翌朝、速攻で動物病院に行く。病院に行く30分前も吐いてしまった。その嘔吐物の感じは薄ピンク色の水のような感じ。食べ物も食べてないから、飲んだ水をそのまま吐いてる感じかなと。嘔吐物を先生に診てもらいたかったので、タッパーに吐かせて、その嘔吐物も一緒に病院に持っていきました。

血液検査、エコー検査、レントゲンを取ったが異常は見られず。もともと悪い腎臓の数値も平常値。言ってしまえば一日に何回も吐く原因は不明。

医師いわく、胃腸炎だろうという見解。嘔吐物は血が混じってピンク色になっているとの事。

俺もみーちゃんの現状についてネットで「猫 何回も吐く」とかで検索した時に、胃腸炎という情報は出てきたので、まぁ、やっぱりそうなのかなと妙に納得した。

胃腸炎はレントゲンなどでは分からないそうです。

そんな診察結果を聞いて、点滴を打って、薬を処方してくれました。

スポンサーリンク

診察当日の過ごし方

ひとまず、診察当日は、今日は固形の餌は食わせるなとの事。

水だけにしておいて、とりあえず夜に薬をあげてくださいと。ほんで、薬だけあげるのが一番理想だが、薬だけだとほぼ食べないので、仕事から帰ってきて、薬をちゅーるに混ぜて食べさせました。

翌朝、いつもの朝と同じ様に、朝7時くらいに俺の顔の周りをウロウロし始め、寝ている俺に容赦なく「ニャー!!」と言い、エサをねだるみーちゃんがそこにいましたwその様子は、いつもの元気なみーちゃんそのものでした。

しかし、まだ少し不安なので、朝もちゅーるに薬を混ぜて与える程度にとどめました。まぁ、物足りなさそうな感じはマックスででていましたがwその後、全然吐いたりする様子も無かったので、いつもあげてるご飯を少しおやつであげました。

その日一日、全く吐かなかったので、獣医さんの言う通り、普通にいつもどおりご飯をあげました。まだ薬も残っていたので、それも一緒にあげました。

まとめ&対策法

結果的には、直接の原因は最後まで分からなかったが、胃腸炎の可能性が高いとの事でした。

本当に一時期はどうなるかと思った。病院に連れていき、点滴を打って薬をあげたらもう平常運転でしたwちなみに、お会計は総額でちょうど2万円ほど。ボーナス入った時期だったので、幸いでしたw

今回の事は胃腸炎だったと結論付けるとすると、こちらが取れる対策としては

  • エサ入れを毎回ちゃんと洗うこと
  • 誤飲誤食を防ぐこと

かなと。

我が家はエサの時間に、猫用の餌入れ皿に決まった量のエサを手渡し(?)で上げています。それ以外はおやつを上げる時以外は食べ物を食べれません。で、本当にズボラで申し訳ないですが、毎回毎回洗っていたわけではなく、数日に一回餌入れを洗う感じでした。

しかし、もしかしたら不衛生にしている餌入れからウイルスが発生し、それによって胃腸炎が引き起こされた事も可能性としては否定は出来ない。また、みーちゃんはウールサッキングをしてしまう子なので、タオルとかは極力目のつかないところに置いています。誤飲誤食も胃腸炎の原因にはりうる事です。

という事で、エサ入れは毎日洗う。ウールサッキングしそうな物は今まで以上にシビアになって管理する。

ひとまず取れる対策としては、それぐらいのもんだろうと思いましたね。

至らない親ですまんな。

みーちゃんよ。