ダイエットとストレスコントロールの関係について

こんにちは、レオンです。

ダイエットを持続、成功させるためにはストレスコントロールが重要なのでは?という話題。

ちなみに、今回書く内容は完全なる持論です。科学的根拠など一切ありません。一応「ダイエット ストレス 論文(or研究)」とかで検索してちょうど良いレポートなんか見つかったらいいなと思いましたが、見つかりませんでした(笑)

とりあえず、この記事で言いたい事は 

  • 無駄食いしたくなる時ってこんな時だよね
  • こうすれば無駄食いを少しは防げるんじゃない?

という話です。ではでは、いきましょう。

無駄食いしたくなる時は大体ストレス溜まってる時

自分自身、必要も無いのに無駄食いをする時があります。

無駄食いする理由を考えた時、以下の二つの状況がある事に気付きました。

  • 腹減ってないのに何か食いたくなる
  • 腹減ってないからそもそも「食」について考えない

腹減ってない時に二つの状況がありますが、字面だけで見ても明らかに正常なのは後者の方ですよね。

前者は何か条件があるから腹減ってないのに何か食いたくなるんだと考えられます。

ほんで、大体そういう時は何かしらのストレスがある時です。仕事が忙しかったり、誰かとの些細な会話でムカついたり、上司がウザかったりとw大小問わずストレスを感じた時に前者の状況になりやすいと思います。

厄介なのはストレスレベルが小さくて、正直言って自分自身「ストレスを感じている自覚が無いけど実際はストレスが溜まっている」みたいな時が一番めんどくさいです。

だって、食う必要無いのに無駄食いをするのは明らかに体的には不必要な行為。体が食物を欲しているワケではなく、脳味噌がストレスから気をそらすためのある種の防衛本能みたいなモンですからね。

小さいストレスと言っても、実際深堀りしてみると、何かしらでストレスを抱える原因はある場合が多いと思います。本当にストレスが無かったら無駄食いはしないので。無駄だし。

自分の場合、本当に意識しないと分からないぐらいだけど小さいストレスを抱えている時に無駄食いする時は、だいたい「どら焼き」か「黒糖饅頭」食ってますねw

ストレスを自覚する事が大事

改めて言います。

「空腹でも無いのに無駄食いする事はぶっちゃけ無駄である」

その通りじゃないですか?(笑)エビデンスを示す必要が無いほどに正論じゃないかと個人的に思っています。

そして、無駄食いしたくなったらまずやっておきたい事は

「今自分がストレスを感じてる事をはっきり自覚する事」

これが大事なんじゃないかと。

だいたい無駄食いはストレス解消のはけ口として脳味噌が勝手に無駄食いを推奨してくるので。最近自分はストレス性無駄食い症候群が発症したら「無駄な事するんじゃねぇ!このク◯脳味噌が!!」と自分の脳にストレスを覚えています(笑)

無駄食いすればブクブクと太って、体的には重大なダメージにもつながりかねないのに、何で自分の脳味噌はわざわざそんなク◯みたいな要求を自分に出してくるんでしょうかねぇ・・・・

とりあえず、無駄食いをしたい時は自分の中で大なり小なりストレスが発生しているから起こっていると思います。大事なのは

・無駄食い欲求が生まれる

・それはストレス故である事を自覚する

・何かしらの方法でストレスを紛らわせる

こういう流れが良いのでは無いかと思います。僕の場合は散歩したり、テトリスをしたり、逆に頭の中で大好きなラーメンをバックバク食いまくる事を想像したり、猫の動画を見たりと「無駄食い」以外での解決方法を模索・実践します。

結論

とにかく無駄食い症候群が発生したら「今自分はストレスを感じているんだ!」という事を明確に意識する事が大切だと思います。

ストレスに対して無自覚のまま、流れに任せて無駄食いをする事は後の自分の人生に結果としてダメージを与え、更に大きなストレスを生む事は間違いありません。

食事は必要な時に必要なモノを食えばいい。

脳味噌なんて賢いシロモノじゃない。だからこそたくさん、質の良い知識や考え方を摂取して自分をコントロールする術を身に付けねばなりません。

あーーーーー!!美ボディになりたい!!w